②「いまを生きる」って、どういうこと?

この記事は2分で読めます

ということで、前々回の続きです。

「いまを生きる」ことについて。
受験勉強を例に挙げましたが、
あなたの心の中では、「いまを生きる」こととつながりましたか?

私がいつも思っていたのは、
「過去は過ぎたからって、未来はまだ来ないからって、
だからって、これで、いまを生きてることになるの?」
という疑問でした。

しかし、本を読んでも、誰かの話を聞いても、
似たような例が多く、よくわからないまま、ずっと放置していました。

ここでいう「よくわからない」というのは、
「自分のモノになっていない」という感覚です。
知識としては知っていて、頭でも理解はできるけれど、腑に落ちない。
「本当は、どういうことなの?」という疑問符がいつもついて回る。

この長年の「?」が、最近やっと解けました。
正しいか正しくないかは、わかりませんし、
言ってしまえば、どこかの本に書いてあること、そのまんまなんですが、
それでも「自分のモノになった感覚」ほど、嬉しいものはありません。

それは、こういうことです。
試験当日のために、受験勉強を一生懸命するのは、
「いまを生きる」ことにはならない。
なぜなら、それは「未来のために生きている」のであって、
「いま、この瞬間」とは無関係だからである。

一方で、物理学の観点では、過去も現在も未来も、
すべてが「同時に存在している」。
ということは、「いま」を生きることが、
そのまま「過去、現在、未来のすべてを同時に生きる」ことになる。

「いま」を生きることは、そのすべてに影響を及ぼす。
すべてはつながっている、とはそういうことでもある。

だから、「ただ、いまを生きればいい」
いま、勉強がしたかったら、勉強すればいい。
いま、誰かと会いたかったら、会えばいい。
いま、本が読みたければ、読めばいい。

そんな好き勝手なことをしていたら、将来困る、と誰かが言う。
そうではない。
その「将来」は、いまここにある。ここに、同時に存在している。
いまを生きていれば、すべてを生きる。
あなたが困ることはない。

。。。言っていること、わかりますか? なーんとなくでも、伝わりますか?

ちょっと話が飛びますが。
若かりし頃の私は、「死ぬこと」を非常に恐れていました。
それはトラウマの影響もあります。
自分は命だけは助かった、そう思って、ずっと生きてきたからです。

ということは、逆にいうと、
「あそこで死んでいたら、どうなっていたんだろう」
という意識が、常に作用することになります。

当時の私は、ものすごく「死にたくなかった」のです。
「私はまだ、何もやっていない、まだ死にたくない、どうか命を奪わないで」
と、いつも思っていました。
生き急ぐように、勉強、部活、習い事に打ち込んでいました。

でも本当は、そこにあった、一種の空しさを押し隠していたように思うのです。
それはこんな思いです。

当日を迎えられず、あるいは目標達成を迎えられずに死んでしまったら、
果たして幸せなんだろうか?

すべてがムダに終わるんじゃないか?

死んだ後のことはわかりませんし、考えても仕方ないし、
仮に死んだとしても、一生懸命やった、というそのことに、
意味があるのかもしれません。

しかし、部活の試合のために一生懸命練習していたら、
やはり、当日を迎えたものです。
自分が中心となって、仕事のプロジェクトのためにいろいろやっていたら、
やはり、日の目を見たいものです。
もうすぐ産まれてくる我が子がいたら、どうしても顔を見たいものです。

いやだ、死にたくない。
(その後、死ぬことしか考えなくなったのですが・笑)

そう思っていた私は、いつも
「いまではない、いつか」のために、生きていたように思います。

もちろんいまも、四六時中「いまを生きている」わけではありません。
過去や未来に、気をとられることもしょっちゅうです。
でも、この気づきは、私に大きな変化をもたらしてくれたように思います。

さて、――あなたは、いまを生きていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧