年越し蕎麦で過去を断ち切る〜大変お世話になりました

この記事は1分で読めます

大晦日ですね。
今日は年越し蕎麦を食べる方も多いのではないでしょうか。

年越し蕎麦には、箸でもつと切れやすいことから
「この1年を断ち切って新しい年を迎える」
という意味があるそうです。

年末は大掃除をしたり、お節を作ったり。
新年を迎える準備をしますが、
それは心の中も同じこと。

2018年、良いことイマイチなこと、
いろんなことがあったと思いますが
1月から12月まで、
それらをしっかりと過去のモノとして断ち切って
初日の出とともに、新しく生まれ変わりましょう。

心とエネルギーが昨年を引きずらず
クリアに一掃されれば、
そのスペースに、新たな情報が入ってきます。

それはまた、「新しい自分」を創ってくれるのです。


----------------


2018年も、たくさんの出会いをいただきました。
セッションやいろんな場でお会いできた皆さま、
本当にありがとうございました。

お一人おひとりが素晴らしい新年を迎えられますよう
心よりお祈りしております。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

一目惚れした神社の参道にて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧