身体のコリは 心のコリ!?

この記事は2分で読めます

 
週末は合宿でした!

普段はあまり会えない方々ともいろいろできて
一緒に身体も動かして、非常に楽しかったです。

身体だけじゃなく、心もめいっぱい使いました。

どんな場面、どんな人に対しても
「リラックスして、自分で在ることができるか」
ということを、チェックできる最良の場なんです^^
 

あなたは、いろんな場面において
自分の身体の状態がどうなっているか、

どこかに力が入っていないか
呼吸が浅くなっていないか

意識するほうですか?
 

10年前くらいの私は、
こういうことを言われても
ワケが分からなかったのですが(笑)

いまはその重要性が身にしみています。
 

心の状態と身体の状態は、
密接にリンクしているからです。
 

人は緊張すると、無意識に身体を固めます。

しかし、リラックスしていると
身体も緩んで、心身共に、楽に動けるようになります。
 

例えば、いろんな思いや感情をためこんでいる人は
身体が「固い」です。

これは柔軟性についての話ではなく、
筋肉がガシガシと「凝り固まっている」という感じです。
(あるいは、内臓の調子が悪いです)

そして案外多くの人が
自分の身体を「感じる」ことができません。
 

昔の私もそうだったのですが
普段から肩こりがひどいのに
あまり感じることができず

頭痛がするようになって初めて
「ちょっと一休みしたほうがいいらしい」
と思うような状態でした^^;

これって、身体からのメッセージを
相当無視していたんですね。
 

いまちょっと、自分の肩を回してみてください。

気持ちいいですか?
痛みはありますか?

首や腰、股関節はどうですか?

もう少し回したいなと思ったら、
なるべくゆっくりと回してみましょう。
 

普段、PCやスマホに向かっていると
つい、悪い姿勢のままで居続けたり
目を酷使しすぎたりします。

それは「自分の身体のことを忘れている」状態です。

その間も、身体は様々なメッセージを発しています。

ちょっと身体の様子に気持ちを向けているだけで
いままで気づかなかったメッセージが
聞こえるようになりますから。

ぜひ試してみてください。
 

身体のコリがほぐれると

~しなきゃいけない、と思い込んでいた心
周りを気にして、緊張していた心
強がって、固めていた心

それらがじんわりと、ほどけていきます。
(身体からのアプローチ)
 

逆に、心のメンタルブロックや無意識のパターンがほぐれると

慢性的な痛みやコリがとれて、
身体がどんどん楽になっていきます。
(心からのアプローチ)
 

例えば、怒りをためこんでいる人は
腰が悪かったりしますが、

怒りをほどいていくと
慢性的な痛みが解消されたりするんですね。
 

いつもリラックスして自分らしい人は
身体も人生も、エネルギーが滞りなく流れています。

身体からのメッセージを受け取るのは
心と人生からのメッセージを受け取るのと同じこと。

どちらの声も傾聴して、
心も身体も人生も、らく~になりましょう^^

 

 

 
写真(46)
(捌きたての鰻をいただきました~♪)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 03.13

    気づきの種

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧