ゆかりコーチング卒業! の巻き

この記事は2分で読めます

 
今日は、ゆかりコーチングを卒業される方との
ラストセッションについて書こうと思います。
 

初めてお会いしてから、半年間。
 

共感覚で、クライアントさんの様々な
「無意識の情報」をリーディングし、

これは受けてもらった方にしか、
どんな感じかわからないと思います^^
 

「その方に必要なこと」を
コーチングしていくわけですが。。。

最後はいつも、いろんな想いがわき上がります。
 

初めてお会いしたときのこと
クライアントさんが乗り越えてきた壁
これから広がる未来。。。
 

初対面のときとは
別人のようになられたクライアントさんとの
最後のセッションは

嬉しくもあり、ちょっぴり寂しくもあり。。。

それはクライアントさんにとっても同じですね^^

 

自分と深く向き合うというのは
決して「ラク」なことばかりではないけれど

やってみると、「向き合って良かったな」と
心から思うことばかりです。
 

以前は「何かうまくいかないこと」があって、

でも、どうすればいいのかわからなくて

ただ、ぐるぐる思考にはまって、
右往左往していたものが
 

対面してセッションを受けることによって
向き合うべきものがわかり

抽象度が上がり、
どんどん視界が開けてくると、

心も身体もスッキリしていきます。
 

自分の道が見えてきて

「自分はこう生きたい」という「本質」がわかるから。

 

ときには、目を背けていたかった
自分の中の「ずるさ」や「弱さ」と
対面することもあるけれど

そんな自分を手放すことで、

「得られるもの」のほうが遙かに大きいのです。
 

古い自分をどんどん手放して
新しい自分を選択していく。

その選択が、ますます加速していくことで
いろんなことが変わり始める。
 

だからこそ人は昔から、内省だったり内観だったりと
自分と向き合うのだと思います。

 

でも最初は、自分一人でやるのは難しい。
 

一言で、自分と向き合うといっても

「自分の何と向き合えばいいのか」
「どうしてこんな状態になっているのか」が、

「自分ではわからない」からですね。

 

クライアントさんから、信頼を頂いているのは、
そこかなと思います。
 

何と向き合えば、自分は変われるのか
そのためには、どうすればいいのか

というクライアントさんの
無意識の情報がわかるということ。

 

今月も、何人かのクライアントさんが卒業されますが
その中のお一人から、こんな言葉を頂きました。
 

「○○さんのコーチングや
そのお弟子さんのフォローも受けました。

でも、ゆかりさんのコーチングが
一番深く、“深いところ”から変われました。

自分には一番合っていた。

半年前の自分には、こう言ってあげたいです。

『大丈夫だよ、そんなに心配しなくても。ちゃんと変われるから^^』」
 

――初めてお会いしたときとは、別人のように自信にあふれていました。
 

人が変わるのは、「やること」を変えたときではなく
「やり方」を変えたときです。

人生は、「生き方」を変えたときに、根本から変わり始めるのです。
 

人は、何歳からでも「変わる」ことができます。

何事も、遅すぎるということはない。

「変わりたい!」と心から思ったとき、それがチャンスです。

 

 

写真(45)
(セッションで、クライアントさんと頂いた冷抹茶。美味しかった^^)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧