内なる声を聴く

この記事は1分で読めます

アメリカ旅行の、アリゾナにて。
砂漠の山登りは、初めてだった。

ホテルを出発してから、何度となく、
〈引き返して、長袖とジャージに着替えた方が良い〉
という自分の声がしていた。

でも、すでに、部屋の掃除が始まってるかもしれないし、
ジャージって、かっこわるくない?
そんな〈意識〉で、その声を何度も打ち消していた。
ジャージは、わざわざ山用に持って行ったのに。

その結果、大後悔。
生地のしっかりしたジーンズと、
首元の開いたTシャツでは、
砂漠の夏は、辛すぎた。

結局、髪をおろし、帽子をかぶり、
ドライブ用の手袋をする。
でも、通気性のない、ジーンズがしんどい。
それだけで、バテる。

周りのアメリカ人は、男女問わず、半袖半ズボンで、
それもどうかと思ったけれど(笑)

内なる声というのは、こんなふうに、
本当に些細なことで、聞こえてくるものだ。
そろそろ寝た方がいいとか、
ちょっとストレッチしたほうがいいとか、
なんとなく、あの人に連絡しなきゃとか。

でも、それを無視していると、
だんだん聞こえなくなってしまう。

私は学生の頃まで、この内なる声と、本当に仲良しだった。
電車に座りたいと思えば、座れる電車が来たし、
今日は立ってもいいかな、と思えば、ほどよく混んだ電車が来た。
何気なく選んだ道で、難を逃れることも多かった。

しかし、会社に入ってから、その声を無視することが増えた。
声を聴いて行動していると、なんとなく、周りから浮いてしまう。
会社の目的と、そぐわないこともある。

いつのまにか、自分の声が、聞こえなくなった。
他人の目を気にして、あっちにフラフラ、こっちにヨロヨロ。
こうなると、何に従えばいいのか、
もう、さっぱりわからない。

内なる声を聴く、というと、何か大げさなことのように聞こえる。
人生の岐路に立ったときや、大きな壁に当たったときなど、
特別なもののように考える。

でもそういうときに、フラットに自分の声を聴くためには、
日頃から、些細な声に、耳を傾けておかなければならない。

今日はどんな声がしたか。
内なる声に、心を閉ざさなかったか。
寝る前に振り返るのも、また良い習慣だと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧