生きることは、経験であり、プロセスであり、悦び

この記事は2分で読めます

いままで、いろんな人の話を聞いてきました。

心が躍るサクセスストーリーから、想像を絶するような境遇まで。

昔は、超深刻な話を聞いたら、
「ひゃ~、どうなっちゃうんだろう」と思ったけど、
いまは全く動じません。

絶対、大丈夫だと思えます。

。。。これも年の功ですね~。って、いやいや、違いますよ(笑)

今日は、久しぶりに、トラウマの話を書こうかなと。

いろんなトラウマがありますが、
その人たちが苦しんでいるものの多くは、恐怖です。

過去はもう過ぎ去っていて、目の前にはないのですが、
あることをしたときに、その恐怖が蘇ってきます。

PTSDや、感情に飲み込まれること以外にも、

「また悲惨なことが起きたら、どうしよう」、という思いや、

「トラウマの影響により、繰り返し、自分を傷つけていること」、があります。

無意識のパターンの、強烈バージョンですね。

過去の私にも、ずっと手に負えないものがありました。それは、

「また同じ事が起きたら、自分は今度こそ生きていけない」

という恐怖です。

詳しい話は、またの機会に譲りますが、
この恐怖を乗り越えられなかったら、
自分や大変な目に遭った人のことを、
きっと「かわいそうな人」と思い続けたことでしょう。

でも、いまはそうは思いません。

自分の経験も、いまとなっては貴重すぎて、
そのプロセスの全てが、よかったと思っています。

私自身が、自分と向き合って、いろんなことを乗り越えて、
一番大切なことを見つけたからです。

それは。。。

「過去に何があったとしても、
この先、何が起きるとしても、
私は、私の人生を、愛している」

ということ。

ここに、自分でたどり着いたとき、私の人生が本当に変わりました。

それは、生きることは、結果じゃなくて、

すべてが貴重なプロセスであり、貴重な経験であり、

自分の人生だからこそ、味わえるものだということ。

それに気がつくと、日々の捉え方が変わってきます。

何があっても、「すごい、これって貴重な経験だわ」と思います。

さらに、「自分で選ぶ」「自己責任」ということが、深くわかってきます。

いろんな感情を、楽しむ。

ありのままを受け入れるゲームを、楽しむ。

自分の可能性を広げるのを、楽しむ。

好きなコトを、楽しむ。

やりたいことを、自分で選んで、楽しむ。

毎日、生きていて、いろんなことがあるからこそ味わえる、
自分だからこそできる、貴重な経験です。

ある人々は、「自分にとって都合の良い、物事や感情」を、
良いことやポジティブだとして、受け入れ、

「自分にとって都合の悪い、物事や感情」を、
悪いことやネガティブとして、排除しようとします。

前回のブログに書いた、「独り」や「ありのまま」に対しても、
ポジティブな側面がみえず、ネガティブなものとしか捉えられない人に、
そういう傾向が強いです。

二元論でしか、物事をみれないんですね。

それは、本当の悦びの半分を、排除しているのと同じです。

真のポジティブというのは、何があっても、
そのすべてを楽しめるということですから。

すべての情動、経験そのものが悦びになる。

私は自分のコーチから、「恐怖は娯楽だから」と、
事ある毎に言われ続けたわけですが(笑)

ちょっと言葉は違うけど、いまの私は、恐怖も絶望も孤独も、
深い安心や歓喜やつながりと同等に、貴重で美しい経験だと思います。

あなたの中にも、あなたの答えがあります。
それは、誰かが見つけたものと、同じでもいいし、同じじゃなくてもいい。

あなたの中から出てきたもの、それがあなたにとっての、答えです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 06.14

    トラウマって

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧