コインの表と裏 ~独りとつながり~

この記事は2分で読めます

私は本当に辛いときほど、誰にも言わずに、
独りになる傾向があります。

誰かに話せる頃には、内面の対話がだいぶ進んで、
回復しているわけです。

私がよく言うことなんですけど、「話すは、放す」ですから。

先月はいろいろ重なりました。

昨年秋に療養のために帰国した、おばが亡くなりました。
私にとっては、特別な人でした。
もっといろいろできたんじゃないかと、思いました。

プライベートで、自分の根元が揺らぐようなこともありました。

そんなとき、二つのセッションがありました。

一つは、クライアントさんの、強固な心の壁が柔らかくなって、
しまいには、なくなったセッション。

言葉や空間を共有しているというよりも、
シンプルにハートが通じ合うあの心地よさは、
クライアントさんも驚いたと思いますが、
私にも非常に良い気づきを与えてくれました。

そして、もう一人のクライアントさんから頂いた言葉。

「ゆかりさんがブレたら、ゆかりさんじゃなくなっちゃう!」

これはもう、特効薬か! みたいな(笑)

でね、改めて、思ったんです。
「私たちは、個でもあるし、つながってもいるんだな」って。

自分と本当に向き合えるときは、
きっと誰もが独りなんだと思います。

これは、友達がいないとか、支えてくれる人がいないとか、
そういう意味ではありません。

自分の人生に起きたこと、自分がやったこと、その結果、
それらの「ありのまま」を、自分で受け入れる強さです。

(「ありのまま」は、事実と主観を区別したものです)

その上で、変えたいものがあるならば、自分を変える勇気を持つ。

私のクライアントさんは、辛い経験をしてきた方も多いのですが、
そんな人だからこそ、余計に、この強さを持つことができると思います。

逆にいうと、そこまで凛として向き合えるのは、
人間はひとりだからではなく、

「本当は独りじゃないと、心のどこかで知っているから」

独りの土台には、つながりがあるし、
つながりの土台には、独りがある。

人は、いつも強くいられるわけじゃないし、
弱音だって吐きたいし、
愚痴だって、聞いてもらいたかったりする。

なんでわかってくれないの? って
相手を責めて、自分の殻に閉じこもったりする。

独りとつながりは、コインの表と裏。

怖がらないで、つながりを求めてみたら、
あるいは、本当に独りになってみたら、
あなたの見ていた世界が、変わるかもしれない──

今日は、大好きだった祖母の命日です。
他にもいくつかあって、私にとって特別な日です。

今年も、この日を迎えられたことを、とても嬉しく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 05.28

    はじめまして

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧