似て非なるモノ

この記事は2分で読めます

世の中には、一見同じに感じるんだけど、よく見ると違う、
というものが、沢山あると思います。
薄型テレビも、パソコンも、見た目はどれも変わらないようだけれど、
細かい部品の「性能」は、全く違ったりする。
使い続けるにつれて、その違いがストレスになったりする。
政治家も、それを批判している人たちも、
みんな似たような主張をしているようだけど、
よくよく話を聞いて、情報を集めて、突き詰めていくと、
「それぞれの裏事情」があったりする。
これは「自己啓発」という分野においても、同じです。
たとえば、「ワクワクして、夢を叶えよう」という主張は多いのですが、
そのための「プロセス」や、その「本当の目的」は、実は違ったりする。
逆に、「違う主張」と思っていた教えが、
冷静に考えると、「同じことを言っている」ということもよくある。
多種多様な、本物とまがい物を、見分けるためには、何が必要でしょうか?
まず一つは、「失敗する」こと(笑)。
失敗は成功の元、と言いますが、これは貴重な財産になると思います。
自分はなぜ、それを選んだのか。
どこに惹かれたのか。
何が合わなかったのか。
相手が求めていたのは、何だったのか。
失敗したときに持っていた、自分の「物差し」を意識に上げていけば、
似たような「質」のものは、選ばなくなります。
もう一つは、「普段から、良いものに触れる」こと。
食べ物でも、化学調味料がたっぷり入ったものばかり食べていると、
余計なものの入っていない料理が、物足りなく感じます。
食材の持つ本来の味が、わからなくなっている。
つまり、味覚音痴になっているのです。
しかし、添加物の入っていない、本物の調味料を使って、
自分で料理したり、愛情のこもった野菜を食べるようにすると、
本物と偽物の「違い」がわかってきます。
これは、持ち物でも、情報でも、同じです。
普段、自分が何から「情報」を得ているのか、見直してみてください。
テレビですか? インターネットですか?
書籍ですか?
本であれば、どんな人が書いたものですか? 
時の流れを経てもなお、本物だと認められたものですか?
あるいは、それらを実行した人間が、大切なエッセンスをまとめたものですか?
それとも、時流に乗って、出版されたものですか?
誰かの、何かしらの意図が、含まれたものですか?
普段から接している情報の、「質」を上げましょう。
最初は違いがわからなくても、続けるうちに、ちゃんとわかってきます。
コーチング一つにしても、そのコーチが発信している内容を吟味すれば、
その人が何を大事にしているのか、わかってくるでしょう。
いまだに、テレビや新聞の情報を鵜呑みにしている人は、いないと思いますが、
うっかり、「この前、テレビでこう言ってたから」なんて口走ってしまったら、
ちょっと反省しましょうね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 09.07

    憧れの人

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧