コーチングとは

コーチングとは

一般的には、コーチングには次のような役割があるといえるでしょう。

・パーソナルコーチについて、「自己実現」のための、徹底的なメンタルサポートを得る
・パーソナルコーチとのセッションを介して、自分の中にある「確かな答え」を見つけていく
・パーソナルコーチとのセッションを介して、自分と向き合い、いまの人生を大きく変えていく

コーチングは、以前はオリンピック選手やプロのアスリート、著名な経営者などが利用していたものでしたが、今日では広く一般的になりました。自分の人生をより良いものにするためのツールとして、意識の高い方々に、特に好まれています。

もしもあなたが、

・さらに上を目指したい
・叶えたい夢や目標がある
・自己実現を加速したい
・仕事はうまくいっているが、家庭や恋愛、人間関係がうまくいかない

という状況だったり、

・自分一人でがんばっても、なかなか成果が出ない
・プロのメンタルサポートを得たい
・もっと違う生き方がある気がする
・自分の人生に迷いが生じている
・とにかく変わりたい

という状況だとしたら、コーチングはぴったりだと言えます。

そのための方法論がピンからキリまで、実にいろいろあるのですが、ここで最も大切なのは、

「自分に合ったコーチング手法」と「自分に合ったコーチ」を選ぶことです。

 

コーチングに欠かせないもの

これは、私なりの考えですが、実際に自分がコーチングを受けて、さらに多くのクライアント様のコーチングを行っていて、思うことがあります。世の中には、実に様々なコーチング手法がありますが、

「コーチング(コーチ)には、高い抽象度と、無意識への働きかけが欠かせない」

ということです。

いきなり聞き慣れない言葉を言われて、戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、これはとても重要なことであり、普段から自分と向き合っている人ほど、そして常に成長(成功)し続けている人ほど、「抽象度」と人生の関係について、さらに「無意識」や「潜在意識」の働きについて、よく勉強されています。

抽象度の高いコーチは、セッションを介して、あなたの抽象度を上げることができると同時に、あなたにはまだ見えていない「スコトーマ」や「メンタルブロック(無意識のブレーキ、心の痛み)」「あなたの中の確かな答え」を見つけることができます。

さらに「無意識への働きかけ」によって、スコトーマやメンタルブロックを外し、あなたが自分で「自分の答え」を見つけられるように、自分で考えて行動できるように、強力にサポートできるのです。

 

青野ゆかりコーチングの魅力とは

まず、「より自由なゴール」を見つけることができる、ということがあります。ゴールを設定し、その達成に向かっていく過程で、人は成長していきます。しかし大抵は、「他の誰かのゴール」を、自分のゴールだと思わされている可能性が高いのです。その結果、本心とは異なる方向に進んでしまい、自分らしい人生を生きられなくなります。青野ゆかりコーチングでは、より抽象度の高い、真に自由なゴールを、クライアント様が自分で見つけられるように、意識と無意識の両面からサポートしていきます。

さらに、「無意識への働きかけ」が大きな魅力のひとつです。意識上でどんなに変わろうと思っても、人間、なかなか変われるものではありません。変化によるリスクを感じた無意識が、ブレーキをかけるためです。青野ゆかりコーチングでは、クライアント様の無意識に介入して、変化(成長)を妨げている、メンタルブロックやスコトーマ(心理的盲点)を外していきます。それによって、抽象度やエフィカシーが上がり、それまでの自分とは違った思考、言葉使い、行動が、自然とできるようになります。

ゴールは、人生の目的というよりも、人生をよりよいものにするための「ツール」であると、私は考えています。どれだけお金を稼いでもいいし、幸せな結婚をしてもいいし、家庭円満になっていいのです。どんなものを選んでもいい。あなたは自由なのですから。ただ、その中心には、しっかりと「自分らしさ」という「軸」があります。それがあって初めて、他人や社会からの評価に左右されることなく、真に自由な選択ができ、自分らしい幸せな人生を歩むことができるのです。

あなたの「自分らしさ」ととことん向き合い、本当の幸せを見つけていただく。さらに、その「自分らしさ」の質を、より高めていく。それはスコトーマが外れて、視野が広がっていくプロセスでもあり、自己の成長を実感できるものです。あなたにもこのダイナミックなワクワク感を、ぜひ体感していただけたらと思います。

 

変化が確実なのは、ハウツーではなく、「一人ひとりに合わせたオーダーメイド・コーチング」だから

私のコーチングでは、ハウツーに頼らない、「クライアント様、お一人おひとりに合わせたコーチング」を最も大切にしています。

「非言語による無意識への働きかけ」をベースに、あなたのメンタルブロックやスコトーマのみならず、人生の変化を妨げる「無意識のパターン」をあぶりだします。さらに、「MBS解消メソッド」のほか、これまで学んできた様々な心理学やカウンセリング、セラピー等、吸収してきたすべてを生かして、クライアント様お一人おひとりに合わせてセッションしていきます。

あなたのこれまでの経験、目指す未来の方向性、生育環境で育まれたスコトーマやメンタルブロックは、他の人とは全く違います。それはあなただけの、オリジナルな人生なのです。その人生を変えていくためには、あなただけに必要な言葉や、向き合うべきことがあります。だからこそ、私があなたに提供させていただくコーチングは、あなたの現状の意識と無意識にぴったりと沿い、かつ、変化のスピードを飛躍的に伸ばす、あなたのためだけの「オーダーメイド」なのです。

例えば、「自己実現」というテーマをお持ちのクライアント様が、5人いらっしゃったとすると、私がお伝えする言葉や向き合っていただくこと、やっていただく課題は、お一人おひとり、全く違います。どんなサービスであっても、「オーダーメイド」はそれなりの価格ですが、これまでの人生を変える、オーダーメイド・コーチングの価値は計り知れません。その何物にも代え難い価値を、あなた自身のものにしていただけたら、私も大変幸せです。

 

コーチングとエフィカシー

コーチになって以来、私が自分の軸としていること。それは、「どんな方にも、自分らしい幸せをみつけていただく」ということです。

様々な情報が氾濫する一方で、社会や周囲の期待に応えることが良しとされる日本では、自分らしく生きることが、ますます難しくなっています。

しかし、ひとたび「自分らしさ」というものに気づくと、これまでとは全く違う世界が見えてきます。それは、他人の影響を受けることのないエフィカシーと、自分の道を選び取る意志の力、それだけでなく、自分を内省し、常に変化していく強さを備えた、自立した人生です。

コーチングを受けると、間違いなく、エフィカシーが上がります。
スコトーマやメンタルブロックが外れると、抽象度が上がります。抽象度が上がると、IQも上がり、世の中の様々な「仕組み」や、自分の「無意識のパターン」に、意識が向くようになります。そのとき、あなたに見えるのは、いままで気づかなかった「いろんなもの」です。私たちは常に、「自分で選んでいる」と思っていますが、「知らず知らずに、あるいは無意識に、選ばされているもの」の多さに、抽象度が上がって、初めて気がつくのです。そのときに、大事になってくるのが、エフィカシーです。

一つは、選ばされていたもの、あるいは無意識に選んでいたもの、を手放し、改めて選ぶ、ということです。そこには、様々な過去の記憶や、情動や、関係性が絡んでいます。が、エフィカシーが上がっていると、それらに引っ張られず、新しい選択をすることができます。

それはあなたが、「自分は自分でいい、自分は自分がいい」という、「確信をつかみとる」ということでもあります。

コーチになって以来、私が自分の軸としていること。それは、「どんな方にも、自分らしい幸せをみつけていただく」ということです。様々な情報が氾濫する一方で、社会や周囲の期待に応えることが良しとされる日本では、自分らしく生きることが、ますます難しくなっているといえます。しかし、ひとたび「自分らしさ」というものに気づくと、これまでとは全く違う世界が見えてきます。その貴重なプロセスをより深く味わっていただくために、私のコーチングには次のような特徴を備えています。

コーチになって以来、私が自分の軸としていること。それは、「どんな方にも、自分らしい幸せをみつけていただく」ということです。様々な情報が氾濫し、その質の判断がつきにくい一方で、社会や周囲の期待に応え続けることが良しとされる日本では、自分らしく生きることが、ますます難しくなっているといえます。

人間は「現状を強力に維持する生き物」です。
それは「ホメオスタシス」として説明がつくのですが、
簡単に言うと、「本能的に、変化を嫌う生き物」です。

そのため、いざ成功しよう、自分を変えようとすると、無意識のうちに「ブレーキ」がかかります。
その「無意識のブレーキ(心の痛み・メンタルブロック)」によって、せっかくのチャンスを掴めなかったり、あと少しのところで、よくわからないけどなぜかやる気を失って、投げ出したりしてしまうのです。

また、ゴールをどう達成すればいいのか、無意識のブレーキはどこにあるのかと考えても、それは「スコトーマ(心理的盲点)」によって隠されています。

あなたが前に進めない、変われないのには、ちゃんと理由があるのです。

さらに重要なことは、その「無意識のブレーキ」や「スコトーマ」は、「人によって違う」ということです。

もし「あなたの無意識のブレーキ(メンタルブロック)やスコトーマ」を外すことができれば、あなたはいままでよりもずっと楽に、前に進むことができます。

 

誰でも成功します! がうまくいかないわけ

しかしながら、世の中には、すでにたくさんの成功法則や自己啓発書であふれています。多くの人がそれらの法則を学び、本を読み、気づきを得ているはずです。本来なら、すべての人が自分らしく、仕事もプライベートも充実させて、自由に人生を謳歌しているはず。

……ですが、実際には、やりたくない仕事をしたり、仕事はうまくいっていても、プライベートはダメだったり、と「本当に幸せ」な人は滅多にいません。その理由はなんでしょうか?

答えはいくつかありますが、まず以下の3つが重要だと私は思います。

「他人のゴールを、自分のゴールと思わされていること」

「エフィカシー(自己肯定感)が低いこと」

「自分の本当の気持ちが、わからなくなっていること」

まず一つ目の
「他人のゴールを、自分のゴールと思わされていること」について

 

青野ゆかり・コーチングとセルフイメージ

私がコーチングで、一番大切にしていることがあります。

それは、「クライアントが、自分で答えを見つける」ということです。

私がパーソナルコーチングで用いるのは、メソッドだけでなく、「非言語による働きかけ」です。
それによって、あなたの「スコトーマ(心理的盲点)」や「無意識のブレーキ(心の痛み、メンタルブロック)」を外していきます。
また、あなたの変化を妨げる「無意識のパターン(意識せずにに繰り返している思考・行動パターン、失敗の元になっていることが多い)」に気づいていただき、確実にブレークスルーを起こすための、サポートをしていきます。

どんな人でも必ず、「答えは、自分の中にある」のです。
「いまは見えていないだけ」なのです。

しかしながら、これを忘れている人が実に多いのです。
その証拠に、すぐ「他人の答え」を欲しがります。
「どうすればいいのか、教えてください」と口にします。
お金の稼ぎ方から、自分らしさまで、すべて他人に教えてもらおうとします。
それはあくまで、「他人の答え」であって、「あなたの答え」ではないのです。

エフィカシーの高い人といると、あなたのエフィカシーも上がっていきます。
と同時に、その人と完全に離れると、自然と元々の自分自身のエフィカシーに戻っていきます。
これは当然といえば当然のことです。

誰かに持ち上げてもらったエフィカシーは、その「誰か」が手を離したら、もとに戻るのです。

宗教や盛り上がり系のセミナーではよく使われる手で、
そこに通っている限り、高揚感が続きますが、
縁が切れた途端に空しさに襲われるのは、よくあることです。

それは、本物のエフィカシーではなく、他人によって作られたかりそめのもの、だからです。
本物のエフィカシーは、自ら考え、行動することで、確実に自分のものになります。

だから私は、クライアント様が自分で考え、自分で行動できるようになる、ということを、一番大切にしています。

これはある意味では、「当たり前」のことですが、手短なインスタントな答えがあふれている現在の日本では、
割と難しいことのようです。

誰か「すごい人」についていけば、自分も「同じようになれる、同じようなことができる」のではないか。

そんな甘い期待をつい寄せてしまいます。
(私もそう思っていました)

しかし、本当に「すごいこと」を成し遂げた人は、
「自分で考えて、自分で行動してきた」人、です。

そして、あなたもそうなれる! のです。

 

RETURN TOP

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧