祝20周年 ~Salt・自由なピアノ~

この記事は1分で読めます

Saltこと、塩谷哲さんのコンサートに行ってきました。
ピアニストとして、ソロデビュー20周年の今回は、
スペシャルゲストに、あの、小曽根真さん。
天才ピアニスト・二人の共演です。

私がSaltを好きになったのも、
たまたま、この二人のデュエットに出会ったからでした。
それはもう、息をもつかせぬアレンジの攻防と、
それでいて、思わず踊り出してしまうくらいの楽しさと、
両方が詰まった素晴らしい演奏で、
一瞬で、オチマシタ(笑)

お一人おひとりも好きですが、デュオになると、倍増しますね。

会場の割れるような拍手が、ようやく静まった中、
お二人から、こんな話がありました。

「ピアノのデュエットは、真剣の上を裸足で歩くような、
そんな感覚なんです」
「自分の実力がばれるから、チャレンジするのは、正直言って怖い」
「でも、敢えてそれをやる、ここで創るこの瞬間が、楽しくてたまらない」

いやあ、いいですねえ。。。痺れますねえ。。。
私も、そんなふうに生きていきたい。

今回、感じたことがもう一つ。
それは、Saltのこの言葉です。
うろ覚えなので、だいぶ違うかもしれませんが、

「ジャズは、自由に、その場で創っていく。これがすごく楽しい。
クラシックも、そんなふうにできると、僕は思うんですよね」

これです。
この、型にはまらない、自由さ。
その想いが、音を通じて伝わってくる。
そうか、だから、私はSaltが好きなんだな、と実感した夜でした。

このデュエットが始まったのは、
SaltのCDを聴いた、小曽根さんのほうから、
ラブコールを送ったそうです。

皆さんも、機会があったら、ぜひ聴いてみてください。

塩谷哲さんについてはコチラ
http://www.zakzak.co.jp/people/news/20130725/peo1307250741000-n1.htm
ディスコグラフィーはコチラ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discographylist/A014232.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 03.02

    バカの美学

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧