気づきの種

この記事は2分で読めます

一口に「気づきを得た」「スコトーマが外れた」と言っても、
その中身は実に様々。
その「気づき」を「自分のモノにする」までのプロセスも、
一つひとつ、全く違うように思う。

私自身、素晴らしいご縁に恵まれているおかげで、
精神の面から、身体の面から、あるいは仕事の面から、
日々、様々な示唆を頂いているのだけど、

気づいて、すぐ切り替えられるものと、
気づいて、じっくり取り組むものと、
気づいたけれど、すぐ忘れてしまうものと、
気づいたけれど、できれば、忘れてしまいたいものと(笑)
いろいろある。

いつも通る道に、赤くてかわいらしい花が咲いていることに
今日、初めて気がついた。

というレベルのものから、
世の中には、自分が見たことも想像したこともない生物がいると知った。
でも名前を聞いたのも初めてだし、昆虫なのか両生類なのか、
あるいは哺乳類なのかも、全くわからない。

というものまで、
「気づき」の幅も深さも、そのときどきでまるで違う。

先日、私が得た気づきは、
「なんですか、それ。そんなものが、世の中にあったんですか」
というものだった。

それは、例えるならば、とても小さな植物の種のようで、
どんな芽が出るのか、草なのか、木になるのか、
花が咲くのか、実がなるのか、まだ全然わからない。

これを「自分のモノにしよう」と思ったら、
種を自分の土壌に埋めて、水をやり、日光に当て、
やがて小さな芽が出て、茎を伸ばし、確かで力強い根をはるまで、
「自分で育てる」ことが必要になる。

最初は、ちょっと引っ張っただけで、するっと抜けてしまうような、
弱々しい根っこ。でも、がんばって養分を吸っている。
少し天候の悪い日が続いただけで、枯れてしまうような、
体力のない葉っぱ。でも、見ると大変愛おしい。

その種には、ちゃんと「自分らしさ」とか「自信」とかいう
「名前」がついていて、
その名の通りに育つという、「未来」がある。

よく、こういう相談を受けることがある。
「自分には○○なところがあると、わかっているのだけど、なかなか」
「いつも○○してしまうことに気づいたんですけど、手に負えない気がして」

確かに、最初は強敵に思えるかもしれない。
それが、愛情の欠如や、恐怖心などの情動と関係する場合は、
ホメオスタシスも強力に働くことがあり得る。

だけど、何かが自分の意識に上がったら、
とりあえず、それを見てみよう。
ちょっと注意を向けてみよう。

そうすることで、日常の中の、いままで気づかなかった
「それを手放すためのヒント」や「育てるためのヒント」が
意識に上がり始めるから。

強敵だと思っていたものが、
実は、長い間、自分を守ってくれたもので、もう必要ないとわかったり、
本当は、いまこそ向き合って、育てるタイミングなんだと気づいたりするから。

それだけで、あなたの心は動き始める。
自分の望む未来に向かって。

 

※3月16日、セミナーについてはコチラ。
2部は間もなく締め切ります。 満席になりました。
初めての方は、ぜひ1部にご参加ください。
http://aonoyukari.exblog.jp/17980579/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧