柳美里氏の稿料未払い。あなたもエネルギーを奪っていませんか

この記事は2分で読めます

文壇の稿料は、もともと契約書等なく、
口約束ではっきりしないものだと聞いたことがある。

私のいた会社は、その辺りは実にきちっとしていて、
最初に稿料を明示して、著者の了承をもらうという、
他の業界では当たり前の事を、当たり前にやっていたから、
この手の話を初めて聞いたときは、驚いたものだった。

未払いについては、様々な業種で聞かれるが、
実は私も、未回収のセッション代がある。

まだ契約書等、作っていない頃で、
分割も口約束だった。

(メールのやりとりは残っているけれど)

そのことをふと思い出したときに、いつも私が思うのは、
相手の人の気持ちだ。

後ろめたいのか、罪悪感があるのか、
それともラッキーだと思っているのか、
正直言って、検討がつかないけれど、

その人が失い続けているものがある。

それが「信頼」だ。

そのことを思うと、私の胸は痛む。

私がその人を信頼することは、おそらく、難しいだろう。

こういうことは、「相手からエネルギーを奪う」行為になる。

本人は得した気持ちになるかもしれないが、
実は、全く得ではない。

このエネルギーを奪う行為というのは、
いろんなところで聞く。

イラストレーターの同級生に、
ただで絵を描いてくれと頼んだのに、断られた。
友達だからいいじゃないか、ドケチ、とか。

ママ友から、ただでネイルをやってくれと言われて、
困っているネイリストの話とか。

私は、話を聞いたり(カウンセリング)、
リーディングをしてコーチングをしたり、
という仕事をしているけれど、

数年前は、同じような状況に遭遇することがあった。

私のスキルor能力を知った人から、突然お茶のお誘いがくる。
なんとか時間を作って行ってみたのだけど、
(ただで)やってくれ、話を聞いてくれ、リーディングしてくれ、という話だったりする。

じゃあ、相手の人が仕事でやっていることを、
ただで私にやってくれるかというと、そんなことはない。

私の提供するものは無料だけど、
相手の提供するものは有料、ということが多い。

これは自分の仕事ですから、とそういう人は言う。

(私も仕事なんですが)

そういう人を観察していると、
いろんな人に対して、同じような「奪う行為」をしている。

こういうとき、その人は「得をした」と思うのかもしれないけれど、
実は全く逆で、本当はものすごく「損」をしていることに気づいていない。

いろんな人の、時間や仕事をないがしろにし、
エネルギーを奪う代わりに、

なかなか回復しづらい、大切なものを失っているのだ。

また、そういう人の周りには、似た波長の人が集まっている。

だから、自分が見えないのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 03.02

    バカの美学

  2. 2013 05.14

    【業務連絡】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧