自分が飛べると信じるのは 阿呆か? 本物か?

この記事は2分で読めます

 
7月に入りましたね!
夏は大好きなので、なんか楽しげな青野です。
 

昨日はコミュニティでセミナーをやりました。

年初のブログには、
「今年はオープンな活動を増やします!」
と書いたにも関わらず、

クローズドばかりになっている現状です^^;
 

まあ、まだ半年ありますから。
秋が過ぎたらどうなるかってところでしょうか。
 

コーチング講座も
希望してくださる方がいるみたいなので
また開催できたらいいですね~^^

 

で、セミナーですが。

いまの自分が選んでいるものを、変えるか変えないか
という話をしたんです。

人生を変えたければ、選択を変えればいい。

行動、観念、思考、感情、etcを
変えていけばいいのですが

なかなか手放したくないんですね。

ここで、自分の中に潜む
「本当のメンタルブロック」に気づけるか
「表面的な理屈や言い訳」で終わるかは、十分気をつけたいところです。

 

実は私もいま、新しいテーマにチャレンジしています。

そちら側の「新しい自分」に移行するのは、まるで、

「自分が飛べると信じて、ビルから飛び降りる」

ような感じがします。
 

思考は、「そんなの無理だって、ばかげてる」と言います。
感情は、「いやいや、危ないよ、リスキーすぎるよ、飛んだら落ちるって! 怖い!」
 

と言います。
 

だって、うまくいかなかったらどうするんだー! 

って感じです。
 

これは、大企業を辞めて独立したとか
そういう人なら、味わったことがある感覚かもしれません。
 

でも、「じゃあ、いまのままでいたいの?」と自分に問うと
答えはハッキリ「ノー」です。

いや、もういいでしょ、みたいな(笑)
 

そこで、メンタルブロックのワークをしています。
内観していると、いろんな自分を発見します。

観念、思い込み、ジャッジメント。。。
 

それらは気づくと(意識に上がると)、手放せるので
どんどん手放し中です。
 

そのときに大事なのは、本来の自分に対する信頼です。

本来の自分の選択に従うこと。
 

本来の自分が「飛べる」と言っているのなら

思考や感情がなんと言おうと、
本当は飛べるのです。

そのためにも、まずは真のメンタルブロックに気づいて
本来の自分の声のほうを、尊重できるようになるといいですね。

 

私の地元の方言の言葉で

「泣こかい、飛ぼかい、泣こよか、ひっ飛べ」

という言葉があります(笑)
 

「がけっぷちに立ったら、めそめそ泣くよりも、思い切り飛んでしまえ」

という意味です。

つまり、「勇気を出して飛ぶことに意味がある」ということ。
 

子供の頃、よく聞いていましたが
こんなところで、思い出すとは!w

 

 

IMG_0823
(Can I fly? Really? ……泣こよか、ひっ飛べ!w)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧