3月 桜が目に入らなかった

この記事は3分で読めます

桜がぽつぽつ咲き始めても、
私は、自分の異変に気がつきませんでした。

今年の開花は、例年よりとても早く、
3月末近くには、都内はすでに満開。
いつもなら、その薄紅の花びらが、
とてつもなく、愛おしく感じるはずなのに。。。
なぜか、一向に目が向かないのです。

車で桜並木の下を通り過ぎても、
近くに満開の桜があることを知っていても、
頭はいつも、仕事のことばかり。

気づいたときには、桜は散り始めていました。
最近の自分は、ちょっとおかしい。
そう思った私は、自宅にある「脳」の本を開きました。

それがこちら。
『プロが教える 脳のすべてがわかる本』
岩田誠監修 ナツメ社刊

脳の各部位の説明から、
各神経の働き、扁桃体と神経の作用など、
とても詳しく書いてあります。

これを読み直して、思ったこと。
「私の脳は、ここ最近、ずっと戦闘モードである」

3月は非常に忙しく、私は寝ても覚めても、交感神経優位でした。
朝起きるとすぐ、一日の予定のことを考え始め、
戦闘モードがオンになり、肩に力が入り始めます。
夜になっても、次にやるべきことで頭がいっぱいで、
本当にリラックスすることがありませんでした。

その後、私は自分の脳の中枢に向かって働きかけました。
「人生に対して、リラックスしていいんだよ」
「視界に入るものに対して、リラックスしていいんだよ」
それから、私の副交感神経は、普段の働きを取り戻し、
車を運転しているときも、車間を詰めなくなり(笑)
桜吹雪の美しさを、「心から感じて、愛でる」ようになりました。

リラックス。
このことについて考えるとき、
私はいつも「過覚醒」のことを思います。

過覚醒とは、無意識で常に身の危険を警戒していて、交感神経優位となっており、
心身が過緊張していて、リラックスできない状態です。
しかも多くの場合は、本人の自覚がありません。

いままで、様々な立場のいろんな方と話をしてきましたが、
この「過覚醒」の状態について、
理解のある方は、ほとんどいませんでした。

「過覚醒」の状態にある人にとって、
「リラックス」は、「危険なもの」です。
いつ、誰に、攻撃されるかもわからない。
いつ、危険な目に遭うかもわからない。
常に身構えて、警戒していなければ、危ない気がするのです。

そのため、身体は常に力が入り、
人の多いところに行ったり、街中を歩くだけで、
ぐったりと疲れてしまいます。

一言でいうと、「警戒疲れ」です。
「横になって、目を閉じて、身体の力を抜いていく」
というリラックス方法がありますが、
過去の私は、他の人たちのいるところで、この方法をやって、
力が抜けた試しがありませんでした。
やればやるほど、身体が緊張していきます。

人がたくさんいるところで、目を閉じて横になるなんて、
身の危険に関わる状態だと、無意識が判断するからです。
誰かがそばを歩こうものなら、とっさに身構えて、全神経がその人の動きに注がれます。
リラックス=警戒を解く、という状態は、
「過覚醒」の人々にとって、大変危険に感じられるものなのです。

しかし「過覚醒」というのは、かなりマイナーな知識で、
知っている人のほうが圧倒的に少ないので、
ヒーリングのワークショップなどでも、
このリラックス方法がとられることは多いです。

家庭内や学校、職場などで、辛い経験が多い方は、
この「過覚醒」の状態にあることがあります。
セッションでも、この状態の方々に、お会いすることがありますが、
その方々にとって、「リラックスする」ということは、
とてつもなく難しいことです。
リラックス、というのが、どういう状態のことを指すのか、
それさえもわからない、知らないことも多いです。
(私もそうでした)

もしもあなたが、「過覚醒かもしれないな」と思ったら、
まず、自分の現状を認識しましょう。
どのくらい、自分が緊張して、身体に力が入っているか、警戒しているのか。
それが「普通ではない」ことを知りましょう。
力を抜いても、警戒を解いても、大丈夫であることを知りましょう。

むしろ、
「リラックスしたほうが、より安全を保ちやすい」のです。
「身体の力を抜いたほうが、防御しやすい」のです。

その理由はいろいろありますが、まずは、その可能性に意識を向けてみましょう。

「え? リラックスって何? どういう状態のこと?」
「ていうか私、いつもそんなに緊張してるの?」

私も、この疑問から始まりました。
あなたも、ここから始められます。

自分のことは、自分で変えることができます。
その道のりは、もしかしたら、あなたにとって困難なこともあるかもしれません。
でも、何もできなかったあの頃とは、何もかもが違うのです。
これからは、自分のために、「新しい選択肢」を選べるのです。

新しいあなたへ。
心からのエールを送ります。

※次回に続きます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 06.14

    トラウマって

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

パーソナルコーチ・青野ゆかりのブログです。心理学、無意識、潜在意識の法則、共感覚が得意分野です。 「自分やあの人は、なぜあんな言動をとるのか?」 いつもそんなことを分析しています。 ときどき、ちょっと不思議なアドバイスもします。 共感覚による「エネルギーマネジメント」についてはコチラをご覧ください。 http://efficaciouslife.jp/menu.html

メルマガ登録はこちら

お名前
メールアドレス

無限の成長スパイラルに入り、心から豊かになるための「無意識の仕組み」を、私が共感覚的に捉えている世界と共に、お伝えしていきます。

カテゴリー記事一覧